キングオブコイン泉忠司氏推しのIBH銀行のTLCなる案件
吉井凌です
TwitterでIBH銀行のTLCなどとよく聞くので少し調べてみました。TwitterでIBH

マレーシアのIBH銀行とTLCが共同で提案してる案件です。
泉忠司氏が推している案件です。

まずは入金からこのIBH×TLCは日本の仮想通貨販売所などでビットコインを買い日本の取引所では売ってないようなマニアックな通貨USDT(テザー)を海外の取引所でビットコインから変換し、入金します。

なぜ、そんなマニアックな通貨を使うのかは謎ですが、入金後はドル建てです。

マニアック

出金する時は、マニアックな通貨USDT(テザー)に変えビットコインに変え円に変えます。

マレーシアの正当な銀行であれば、マニアックな仮想通貨を使うのは不思議に思いますが、キングオブコインの泉忠司氏が推しなのも納得します。

キングオブコイン

このIBH×TLCでは利益のみ損失なしとなってます。
本当でしょうか?

この案件150万円を入金したとします。
100万円は取引口座に50万円は保険口座に入金します。

150万円を入金したとします

IBH銀行が保険口座に50万追い金して両方100万ずつの口座をつくります。

100万ずつの口座をつくります

そして取引口座で買ったら保険口座で売り両建てにします。
取引口座は33%の所で利確し、保険口座は30%で損切りします。3%の誤差を抜くのです。
FXをしてる人なら分かると思いますが。

30%~33%の間のドラマは損切りしたら下げたとか見張られてるんじゃないの?なんて思う人が多いと思います

そうです、30%に行ったから33%に上げるという保障はないのです。

こう考えると、そこから刈られますよね。

ここまで言えばみなさん分かりますね。

副業なら危ない橋は渡らずFXSUITで3すくみにしてください。

おすすめの記事