ローンは入居者が払ってくれる

不動産投資では、購入した不動産は入居者がそのローンを払ってくれる仕組みになっているのです。

自分が住む家を買った場合には、自分でローンを払わなくてはいけない、しかし賃貸物件を購入した場合には、入居者がそのローンを払ってくれます。

理屈だけで言えばアパートを一棟購入した場合、賃貸経営を続けるだけで10年~20年後にはそのアパートはあなたのものになり、その後発生する家賃は全て収益になります。

購入時に手数料はかかりますが、それ以外の出費はなく不動産を手に入れられ、しかもローン返済後に家賃収入は丸々自分のものになる。

こう考えるとかなり素晴らしいシステムだと言えるでしょう。

場所にもよりますが、安いものなら、アパート一棟2000万~3000万ぐらいで購入できます。

2000万~3000万といえば、一般的なサラリーマンが購入する住宅と同じくらいの金額でしょう。

そう考えれば、それほど恐れる必要はありません。

最悪、アパートに入居者が入らないとしても、自分がそこに住めばいいのです。

3000万で購入したアパートに自分が住み、自分で自分に家賃を払う。

そして自分が払った家賃をローン返済に充てると考れば、3000万の一軒家を購入するのと大差はありません。

このように考えてみると、リスクは少ないとも言えます。

僕が行っている投資法は融資やローン返済、時間に捉われることなく稼げる仕組みを導入しています。

FXSUITで行う「トライアングルアービトラージ」という手法でFXの為替差益に関係なくスワップポイントを積み重ねる手法になります。

この手法はリスクがなく、継続性が高い手法になります。

また、誰でも簡単に手法を導入することができるので資産運用初心者の方は是非、FXSUITにてスワップ運用を行ってみてください。

おすすめの記事