空室を埋めるには

不動産経営では、どうしても空室リスクと向き合わなければなりません。

一昔前だったら放っておいても空室は埋まっていたと思いますが、現在では少子高齢化が進み、人口は減少傾向にあります。

しかし、賃貸物件の数はそれに伴って減少しているわけではありません。

つまり、入居者の数に対して賃貸物件の方が余っている状況です。

賃貸物件が余っている以上、空室リスクは避けられません。

昔から物件を保有し、長年不動産経営を行っている大家の多くは、空室に悩まされていると思います。

つまるところ不動産経営も商売なので、どうしたら入居者が入るかということを常に考え、ライバルよりも優位に立たなければ空室は埋まりません。

しかし、安心してください。

昔ながらの大家は空室を埋める努力をする習慣がないので、空室のまま何もせず、ただ入居者が入るのを待つという状態を続けています。

彼らが唯一できることと言えば、家賃を下げて入居者を確保することです。

家賃収入をローン返済にあてている場合に家賃を下げるということは、自分の首を絞めるようなものです、決して家賃の値下げ競争をしてはいけません。

家賃を下げなくても入居者を確保する方法はいくらでもあります。

ここからは私が行っている投資法について紹介いたします。

私が運用しているにはFXSUITで行う3すくみという手法です。

3すくみはFXの3通貨を用いてスワップ運用を行う手法で、リスクなく安定して収益を積み重ねることができます。

また時間に捉われることなく、放置するだけの手法なので忙しい方におすすめの投資法になります。

これから資産運用を始めようと思っている方は是非、FXSUITの3すくみを運用してみてください。

おすすめの記事